大型モバイルパソコン、VAIO SEシリーズを購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しいパソコン、VAIO SEを購入しました!といってもまだ届いていませんが、、、(笑)今日中に支払いを済ませ、早ければ明日には届く予定です。購入したのはSONYのVAIO SE、型番はVPCSE19FJ/Bです。今まで富士通のFMV BIBLO NF/B50BYを使用していましたが、USBポートが一つ壊れてしまい、またキーボードの一部が利かなくなってしまったので、とうとう購入することにしました。

VAIO SEを選んだ理由

VAIO を選んだ理由はそのブランドに加え、バッテリ管理の仕組みがすごかったからです。最近のパソコンで使われているリチウムうイオン電池はバッテリの充電回数で寿命が決まってきます。通常のパソコンだと、数パーセントバッテリが減るだけですぐに再充電してしまうため、ACアダプターを接続したまま使い続けても1年程度で寿命が来てしまうのです。

しかし、調べてみると、SONY、Panasonic、富士通はバッテリを長持ちさせる工夫がされているようです。詳しくはウェブサイトのほうで紹介していますので気になる方は確認してみてください。

前々からVAIOは欲しいと思っていましたが、バッテリが気になって購入してませんでした。というのも、富士通のノートパソコンはバッテリが長持ち(耐久年数)するようになっていて、通常の使い方であれば数年はバッテリを使うことができるのです。実際、私自身2009年に購入し、3年間使ってきましたが、最近までバッテリ行動時間は公称値の8割程度を維持できていました。

富士通のノートパソコンは、90%になるまで自動充電はありません。バッテリ残量が90%以下になって初めて自動充電が開始されるのです。そのため、一般的なノートパソコンのバッテリより耐久年数が長くなっているのです。

ということで、VAIO SEを購入してました。

併せて購入したもの

VAIO SEを購入しましたが、メモリが4GBのため、併せてDDR 3 4GB x 2を購入しました。到着後、8GBにアップする予定です。また、無線マウスも購入したので快適なPCライフが楽しみです。

富士通を使ったFMVで原始生活から、VAIO SEで現代生活へアップグレードです(笑)

購入後の悩み

現在の悩みは、購入後パーティションをどのように分けるかです。現在使っているFMVでは、Windows XP 32bit、Windows 7 64bit、Windows 7 32bit、そしてデータ領域と4つに分けています。さらにデータ領域内に仮想ディスクを作成し、Windows 8 developer Preview(public betaではない)をインストールしています。8GBのメモリを最大限に活かすためには64bitが不可欠です。そのため64ビットを捨てるわけにはいきません。。。

しかし、Windows 7 32bitも捨てるわけにはいかない。。。なぜなら中国銀行(中華人民共和国の方)の口座を持っていて、ネットバンキングを利用する際に必要なソフトがあるのですが、それが32bit二しか対応していないのです。。そのため32ビットは捨てることができないのであるが、、、

まぁ結局現在と同じように4つ程に分けて使用することになるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す