Bluetooth キーボード×iPhoneがめちゃくちゃ便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Bluetooth キーボード

こんにちは。Bluetooth キーボード、使ったことありますか?デスクトップパソコンであれば基本的に有線キーボードを使っていると思うのであまりBluetoothキーボードの必要性は感じないかもしれません。しかし、モバイル環境となれば別です。iPadやiPhone、Androidスマートフォンなどで入力する場合Bluetoothキーボードを使えばめちゃくちゃ便利になるのです。

Bluetoothキーボードとは?

Bluetoothキーボードは元々デスクトップパソコンで配線がぐちゃぐちゃにならないよう考えられて(?)ものです。しかし、近年はスマートフォンやタブレットの普及によってBluetoothキーボードの位置づけも変わってきています。

Bluetoothキーボードというのをご存知だろうか。本来はデスクトップパソコンでの配線がぐちゃぐちゃにならないよう考えられた(?)ものであるが、近年スマートフォンやタブレットの普及によってBluetoothキーボードの位置づけも変わってきている。Bluetoothキーボードとスマートフォン、Bluetoothキーボードとタブレットといった使い方をすることにより、ケータイとノートパソコンの中間のような使い方ができるのである。タブレットではBluetoothキーボードを使っている人も多いと思うが、今回はスマートフォンでの使い方を紹介しよう。

メールやTwitterなど従来のフィーチャーフォン並みか少しアプリを使うぐらいであれば、フリック入力やスクリーンQWERTYキーボードで十分かもしれない。しかし、それよりも少し便利な、より文字入力を行うような使い方をする人にとってはBluetoothキーボードを使うことでだいぶ文字の入力が楽になる。もちろんメールを打つのも楽になるし、例えばiPhoneを使って学校のノートを取ることも可能だ(許可されている場合のみ)。

最近は物理キーのついたスマートフォンも発売されたりしている。しかし、ケータイに標準でついている物理キーボードではキーピッチが狭すぎたり、キーが小さすぎるためあまり速く打つことはできない。しかし、Bluetoothキーボードを組み合わせるとそれが可能になる。ノートパソコンを持ち歩くよりも携帯が楽だし、スマートフォンだけよりも文章を打つのが楽になる。つまり、ノートパソコンとスマートフォンの中間のような使い方が可能になるのだ。

と、ここまで便利な面のみ述べてきたが、もちろん欠点、というか多少困ることもある。と言っても、それはスマートフォンの処理能力が上がれば解決してしまうものなので、iPhone以外のスマートフォンでは問題無いかもしれない。自分はiPhoneで使っているのだが、まず、予測変換機能が不便である。スクリーン入力しているときはより速く打つことが可能になる予測変換機能だが、フルサイズの物理キーボードを使って打つときケータイの予測変換機能は邪魔である。そしてもう一点、iPhoneでアプリをたくさん起動していると処理速度が遅くなり、入力に少し戸惑ってしまうこともある。ただこれらは、予測変換機能を無効にしたり、使用しているアプリ以外を終了することによって解決は可能である。

そして、自分のおすすめするBluetoothキーボードはBuffaloのBSKBB06というキーボードで、上の写真がそれである。購入はAmazonで買うのが安い。iBUFFALO キーボード ホワイトiBUFFALO キーボード ホワイト

このキーボードをおすすめするポイントは3つ、デザインと打ちやすさ、そしてサイズである。

他にもBluetoothキーボードはたくさんあるが、このキーボードのデザインが最もカッコいいのである(個人的に)。そして、打ちやすさとサイズ。関連性があるが、フルサイズではないがタッチタイピングをするのに小さすぎないサイズであり、文字を打つのが楽である。もちろん個人差もあると思うので、他にも色々試して見るのもいいだろう。ただし、このキーボードは少なくとも買って後悔はしないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す