パソコン

VAIOだって素晴らしい

更新日:

いくつか前の記事で、AppleのRetina Mac が素晴らしいと紹介しましたが、素晴らしいのはMacだけではありません。日本のコンピュータメーカー、SONYも負けてはいません。そう、Macが高解像度、かつタッチパッドが非常に快適なことと同じように、SONYのVAIOも同じぐらい快適に使用することができます。

Macのノートを使ったことのある人や、使っている人の多くが「タッチパッドの快適さがたまらない」といいます。実際に使ってみれば皆納得すると思うのですが、確かにMacのタッチパッドは非常に感度がよく、かつ機能が豊富で一度使ったらもうほかのは使えないというぐらい快適です。しかし、それに負けずと努力をしているのがSONYのVAIOです。すべての機種を使ったわけではないのでわかりませんが、SONYのSシリーズは確実にMacを追っています。いえ、Macと対抗できる唯一のWindowsかもしれません。先日某電気屋でRetina Macを触ってきたあと、タッチパッドの快適さに感動し、自分のノートでも使えないかと思ったのです。自分の使っているのがVAIO VPCSE19FJ/Bなのですが、早速2本指でスワイプしてみると、なんとページを戻ることができるではありませんか!以前からピンチすることでページを縮小、拡大することができるのは知っていましたが、スワイプで戻ったり進んだりすることができるとは知りませんでした。ただ、自分のノートPCのタッチパッド感度はあまり良くなく、正直これらの機能が使えても実際に使うとなると、あまり快適ではありません。しかし、最新の2012夏モデルVAIO Sシリーズであればこの点がさらに改善してあります。自分は両方を所有してないので断言はできませんが、Windowsの中ではVAIO Sシリーズのタッチパッドが最も快適であると思います。ただし、2012年春シリーズ以降の機種に限ります。

また、Retina Macのディスプレイ解像度が桁違いに広いように、VAIO Sシリーズの解像度もフルHDで、一般的なノートパソコンよりもはるかに広い解像度を持っています。もちろんRetina Macにはかないませんが、それでも1920×1080とフルHDの解像度です。解像度が高ければ高いほど、作業領域が広がり、表示もきれいになります。

このようにRetina Macは素晴らしいけれども、SONYのSシリーズも負けていません。好みの違いもあるとは思いますが、Windowsを使うのであればSONYをおすすめします。

-パソコン
-

Copyright© Ventzana's blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.