WordPressでウェブサイトを構築した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

CMSWordPressを使って初めてウェブサイトを構築してみた。WordPressは基本的にはブログ用CMSであるが、機能が豊富でカスタマイズが自由なため多くのサイトでWordPressを使ってホームページを運用している。実際、このブログもWordPressで作られているのだが、ウェブサイトをオリジナルデザインを使って作るのは結構大変だった。

ブログとウェブサイトの大きな違いは、時系列か、階層分けかどうかである。ブログの場合、新しい記事を一番上に表示させ、したに行くに連れ古くなっていく。基本は単にこれだけである。しかし、ウェブサイトはコンテンツが階層分けになっており、一つ一つが複雑につながっている。これをWordPressで作るのが、ホンの少し手間がかかるのである。といってもWordPressで一度作成してしまえば、更新するのはだいぶ楽である。

WordPressに移行したのは某個人経営会社のウェブサイト。もともと自分が作ったサイトなのだが、更新が自分しかできなかったので、ほかの人でもカンタンに更新できるようWordPressの導入を決めた。既に静的ウェブサイトとして存在するサイトをWordPressに移行するので、デザインなどの面は大変ではなかった。

html知識が無の人でもサイトを更新できるようにすることが作業の中で最も大変だった。自分もあまりHTMLの知識があるわけではないが、ネットで調べたりしてある程度はできるようになっている。WordPressに移行するにあたり、WordPressの知識も初心者に毛が生えた程度の自分には、できるだけ多くの部分をGUI操作で編集できるようにするのが大変だった。多分知識の豊富な人だったら自分でプラグインを作ったりしてカンタンに解決出来るんだと思うが、自分にはそれができないので時間がかかった。というのも構築しながら、ネットでどうしたらいいかを調べて出てくるのは、テーマの編集で直接コードを書き込むこと。自分が管理するのであればこれでも問題ないが、ほかの人に管理させる場合、このままでは非常に面倒である。したがって、ネットで調べて出てきたものをいかにGUI操作でできるようにするか、これが大変だったのである。

ただ、苦労して作った甲斐もあり、今後は更新が非常に楽になるし、自分がやらなくてもほかの人でも更新ができるようになったと思う。また、WordPressならではの新機能(例えばリンク切れチェックなど)もあり、やはり移行してよかったと思えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す