人に何かを伝えるということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「人に何かを伝えるということ」、これは簡単な様で簡単ではない。いや、多くの人は“簡単”だとは思っていないかもしれないし、それ以前にそんなことを考えたことない人もいるかもしれない。しかし、深く考えて見るとこれはとても難しいことのように思える。特に最近は自分に情報伝達能力がないことをつくづく感じさせられる。もともとコミュニケーションは得意な方ではないが、最近、自分が得意だと思っていた「文章」でも自分には文章力がないことが実感できた。

最近それを強く感じたのが、色々な人のブログを読むようになってから、そして自分が「本の紹介」をブログでしようとしたときである。その人のブログは主にその人自身のこと、そしてその人が経験した様々な事柄を紹介しているブログであった。内容が面白いことはもちろん、その人の文章力が「半端なく」うまいと感じるのである。これは自分の主観が入っている部分もあると思うが、その人のブログの記事はすべてが「読みやすい」。文章力は然ることながら、レイアウトの構成もうまい。

自分のブログはほとんど、文章のみのブログである。その人のブログと、自分のブログとを比較したとき、自分のブログの文章力のなさ、文章の読みやすさに嫌気が差したほどである。もちろん、ほかの人とのブログと自分のブログは文章以外の要素での違いもたくさんあるだろう(例えばこのブログは広告が多い)。しかし、それらを除いて考えてみても、自分の文章力は非常に貧弱であると感じる。

少し前、自分が読んでとても面白かった「Google ネット覇者の真実」という本を紹介しようと思って記事を書いたことがあったが、残念ながらうまい紹介文は書けなかった。うまいどころか、何を言いたいのかわからないような文章になっていると思う。本当は「この本はものすごい面白いから、絶対お勧め」ということをうまく伝えたかったのだけれど、ほとんどの人にそれが上手く伝わってないと思う。

何度も修正ができる文字でもそうなのだから、一度発してしまうと修正するためには新たに何かを発しなければいけない会話などでは、もっとひどいのだと思う。文章であれば一度書いて、読み直して、修正して、というのを繰り返すことができる。しかし、実際の会話では、そうはいかない。あまり意識はしていないが、実際は上手く伝えられていないのだと思う。

普通に周りの人と話すときはあまり意識していないのだが、好きな人と話したりした後などは「自分が会話ベタ」であることをつくづく認識させられる。緊張しているからというのもあるのだろうけれど、自分が思ってないことを言ってしまったり、思っていること、考えていることを上手く言葉で伝えられなかったりしてしまうのだ。

そういうわけで、今後はもっと頻繁にブログの更新をしたり、色々な人のブログを読んだりして、文章力を高め、ひいては「自分の思っていることを正確に伝えられる」人間になれるよう努力していきたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す