なんとも理不尽なカード社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、アメンボです。皆さんは現金派ですか?それともカード派ですか?それとも、電子マネー??(まぁ電子マネーもカードだったりしますが。。)わかりやすくするため、ここでは、カード=クレジットカードとして話を進めていきます。

さて、自分は、カード派の人間です。常にカードを持ち歩き、どんな小額の買い物でも、可能な限りカードで払うようにしています。現在持っているカードは計4枚。ライフカード、三井住友銀聯カード、Yahoo ! Suica カード、三井住友VISAデビュープラスカードです。そして、今、アルバイトをしている会社はクレジットカード会社です。

と、ここまでカードを利用しており、どちらかといえば、カード推進派の自分なのですが、カード社会は理不尽だとつくづく思うのです。

実は、上記に記載したカードのうち、三井住友VISAデビュープラスカードはつい最近に作った一枚です。作ったばかりなのですが、今、別のカードにしておけばよかったと後悔しています。現在、検討中のカードは、三井住友VISAクラシックカード、ANA VISA カード、Suica VIEW カードの3枚です。その中でも、ANA VISA カードがマイルが貯まるということで、かなり真剣に検討しています。ということで、最近は、お得なカードやステータスカード、クレジットヒストリーなどについてかなり調べているのです。

そこで、気になってくるのがクレジットヒストリー。ステータスの高いカードになればなるほど、入会審査は厳しくなります。しかし、審査基準は公開されていないので、どのようなクレジットヒストリー(以下クレヒス)を築けばいいのかわかりません。そうなると、どのようにすれば高ステータスカードを取得できるのかがわからないのです。

そこで、ネットでクレヒスについて調べてみると、リボ払いの有無、毎月の支払い、引き落としの実績、などさまざまな項目が出てきます。この中で、引き落としの実績については簡単です。支払いのある月に、必ず口座から引き落としがかかるようにしておけばいいのです。

リボ払いの有無が問題です。カード会社によって、リボ払いを良いヒストリーとする会社と、悪いとする会社があるそうなのです(ソースは2ch)。また、全リボなどにしていて、月々の支払いが、リボ指定の金額を下回る場合なども、マイナスに取られる場合があるそうです(同じくソースは2ch)。ソースは2chですが、ある程度信憑性はあります。というのも、カード会社によって、カードの利益源が異なるからです。加盟店数が少なく、利益源がカード利用者がメインの会社の場合、利用者がリボ払いや分割払いをすることで、利息を稼ぐことができます。逆に加盟店数が多いカード会社は、特に利用者がリボ払いをしなくても、カードを使えば、加盟店から手数料が入ります。リボ払いをする将来的にリスクになりうるユーザよりも、毎月一回払いで確実に払ってくれるユーザを好むのです。

また、上記以外にも、クレヒスの照会履歴も審査に影響するようです。つまり、複数のカードを沢山申し込んでないかどうかです。カード利用者が複数カードを持っているということは、その分、うっかり支払い忘れのリスクが高まるわけです。また、カードを使ってもらえば、会社に利益になるのに、カードを申し込んだだけで、利用してくれないのでは収入にはなりませんから。

と、まぁ、審査基準でややこしいのは上記ぐらいでしょうか。審査基準は複雑で、公開されていません。また、各社で審査基準が違うのです。カードの所有枚数も審査に影響するのです。それなのに、カード会社各社はメリットを大々的に宣伝し、カードの作成でポイント進呈や、キャッシュバックなど様々キャンペーンを行って、利用者の囲い込みに躍起になっています。家電量販店のカード、流通系カード、銀行系カード、実にさまざまなカードがあります。

なんて理不尽なんだろうと思わずにいられますか?カードを持っている人の中には、作りたくなくても、友達に頼まれて(ノルマ)とか、会社に入社したからとか、ポイントがつくから(今まではポイントカードが別だったのに、クレジット一体になった)とか、カード会社の営業に乗せられてなどなど。

A社にはプラスとなるクレヒスが、B社にはマイナスとなるクレヒスも実在するのかもしれません。なんて理不尽なんでしょう!A会社の口車に乗せられて、カードを作り、リボ払いにし、その後別の会社で魅力のあるカードが見つかり、申し込んだら拒否された。なんて理不尽なんでしょう!カード会社の口車に乗せられて、全リボカードにしたら、気がついたら利息だけでかなりの額取られてしまっていた!なんて理不尽なんでしょう!

カードは、きちんと管理して、使えばとても便利です。また、自分の頭で考えて、比較を行って、カードを持てばステータスカードも手に入ります。しかし、カード会社の口車に乗せられて、流されてしまったり、支払いをきちんと管理できない人は作らない方がいいと思います。ただ寝かしておくだけであってもです。というのも、ふと思い出して、カード払いしかできないものに使って、支払日を忘れ、引き落としがかからずにクレヒスに傷をつける人が結構いるのです。

カード社会は理不尽です。

と、まぁ、ここまで、色々書きましたが、ステータスカードを必要とせず、最低限のカードで十分という人には関係のない記事です。すいません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す