iPad air を買った!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、久しぶり?ですかね。まぁ前回の記事投稿から2、3週間たっています。さて、英検が終わったらiPadを買う!と決めていた私は、英検終了後すぐにApple Store へ出向き、その場でiPad Air 32GB Wi-Fi+Cellular SIMフリーモデルを購入したのです。そのアップルストアで、カード決済で購入したわけですが、その際のアップルのスマートさに感動しました。これについては別記事で詳しく書こうと思います。

さて、iPadを購入する際、考慮に入れた点は次の4点

  • 薄さ(iPad 4 では厚すぎるし、ダサいので却下)
  • サイズ(iPad mini ではA4のPDFを読むのに小さい)
  • 容量(16GBでは少ないので32GB以上欲しいかなと)
  • Wi-Fiモデルか、セルラーモデルか(セルラーならSIMフリーであること)

まぁこんなもんでしょうか。薄さに関してはiPad Air 2 の方がいくらか薄いのですが、大差ないので、値段重視で初代 Air にしました。サイズは、iPad mini は却下していたので、Air 一択。容量は、32GB以上は欲しいかなというところで、結局32GBにしました。

Wi-fi モデルか、セルラーモデルかではかなり悩みましたが、結局セルラーモデルにしました。

まぁ、いろいろ考慮しながら購入したわけですが、購入3週間ほど使って、まぁ満足しています。

不満としては、32GBではちょっと少なかったかなということ、そして日本モデルなのでシャッター音がなるということ。これぐらいでしょうか。32GBは自分のiPhone 5 が64GBでその容量のほとんどを音楽やPodcastで占めているので、それらを使わないiPadなら32GBでいいだろうという考えで選択しました。しかし、実際にはiPad は高解像度のため、アプリ一つの容量が比較的重いのです。最も、今のところ、容量にまだ余裕がありますが、64GBぐらいだったら良かったかなという感想です。

次に、シャッター音。これは、うっかりしてました。日本以外の国のモデルはミュートにすれば、シャッター音がならないのですが、日本のモデルは音が出てしまうのです。自分は、アメリカモデルの iPhone 5 を使っていたため、これをすっかり忘れてしまっていました。

とはいえ、容量は注意して使えばそこまで大きく必要ないし、シャッター音は脱獄すれば消せるので、大方満足しています。なんといっても、A4のPDFが難なく読めるのが最高です。また、画面がRetinaで高解像度のため、とても綺麗です。おかげで、今まで使っていたKindle Paperwhiteがいらなくなってしまうかもしれません(笑)。

とまぁ、久々の記事でしたが、あまり冴えない記事でした。でも、本当に久々のガジェットネタでした(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す