脱デジタルライフーその3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おはようございます。以前、脱デジタルライフの記事で、iPhoneの利用をやめ、必要最低限しか使えないセミガラパゴス携帯へ移行するということを書きました。しかし、実はその後、セミガラパゴス携帯の使用は長続きせず、結局iPhoneに戻ってました。また、最近iPadも購入し、脱デジタルライフどころか、ますますデジタルな生活をするようになっていました。
注)過去形です。

さて、なぜ必要最低限のNokia携帯で長続きしなかったというと、やはりメッセージ系アプリの少なさです。また、日本語を打つことができるものの、とても煩雑なため、面倒になってしまったのです。最近、ガラホ(テンキー付きスマートフォン)が注目を集めていますが、その一つの理由は通常のガラパゴス携帯ではラインがあまりにも使いにくいためだそうです。このように、やはりメッセージ系のアプリの存在はとても重要です。

ということで、結局iPhoneを使う生活に戻り、デジタル生活を謳歌していたのですが、やはり、iPhone+ネットは時間をどんどん奪ってしまいます。気がつけばYouTubeで何分も経ってしまっていたりします。

そ・こ・で、脱デジタルライフ2.0の登場です。

それは、インターネットを断ち切ることです。とは言っても、前回失敗した理由が、メッセージ系アプリの不在。であるなら、完全にネットを切り離すのは結局前回の二の舞になるのではないだろうか。そう、だから、完全には断ち切らないのです。必要最低限のネットは残すのです。

ここで登場するのが、今話題の格安SIM、NVMOです。格安SIM、誰もが聞いたことがあると思います。格安SIMの中には容量制限や速度制限などで安くなっているものがあります。今回私の選んだのは、最大速度が256kbpsに制限されているヨドバシカメラのWireless GateというSIMです。これは通信速度が256kbpsの代わりに、通信容量は無制限、料金は月々480円という破格の値段で提供されています。

このSIMであれば、YouTubeや動画を見て時間をどんどん使ってしまうという恐れはありません。なぜなら、動画が見れないのだから。ただし、メッセージ系のアプリはiPhoneなのでフルで使えます。LINE、QQ、WeChat、その他。また、Skypeも音声通話であれば、さほど問題なく使うことが可能です(ビデオチャットは試していない)。ニュースなども、少し速度は遅いですが、チェックすることは可能です。地図アプリなども問題ありません。

ただし、YouTubeや動画は見れません。それ以外にもネットサーフは速度が遅くてイライラするのです、あまり長くは出来ません。これで、ネットからの適度な解放が可能です。※実際は、通信環境が良ければ、最低画質でYouTubeを見ることは可能。

どうしても高速ネットが必要になった場合は、カフェなどに行ってWiFiを使えばいいのです。前回、失敗してしまった脱デジタルライフ、形式を変えて再挑戦しています。もし、ネット依存、もしくは適度な脱デジタルライフを考えている方、いらっしゃいましたら、格安SIM、オススメですよ、

256kbps制限のSIMはほかにも、DTIのServeersManSIMがあります。他にも1000円以下であればかなりのSIMがありますが、あまり通信速度が速いと、脱デジタル出来ないので、オススメは256kbpsのSIMです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す