旅行

愛郷ぐんまプロジェクト「泊まって!応援キャンペーン」の内容は?残りはどれぐらい?

投稿日:

こんにちは。緊急事態宣言が緩和され、徐々に人出も多くなってきましたね。自粛による影響を受けた観光業界を活性化するため、各地方自治体が様々なキャンペーンを実施しています。

今回は、その中でも群馬県の実施している「泊まって!応援キャンペーン」の内容を詳しく解説していきます。

愛郷ぐんまプロジェクト「泊まって!応援キャンペーン」はこんな内容

  • 群馬県民を対象に税抜き6,000円以上の宿泊に、5,000円の割引・キャッシュバックを行うもの
  • 期間は7月31日まで、先着30万人泊まで
  • 1回あたりの上限は3連泊までだが、期間中何度でも利用可能
  • その他注意点はちらほら

泊まって!応援キャンペーンの内容

現在群馬県の実施している「泊まって!応援キャンペーン」は緊急事態宣言による自粛の影響を受けた観光業界を活性化する目的で、6月5日から実施されているキャンペーンです。内容は群馬県民の方を対象に、税抜き6,000円以上の宿泊に対し、5,000円の割引、もしくはキャッシュバックを行うというものです。消費税や入湯税については、割引の対象とならないので注意が必要です。

例えば、税抜き6,000円のホテルに宿泊した場合、消費税分600円は別途必要となります。税抜き6,000円の施設から対象となるので、一番安いところだと1,600円から泊まれることになります。

キャンペーンの趣旨としては、5,000円割り引く分をお土産や、観光などで消費し、観光地を活性化してほしいという思いがあるそうです。

現在、群馬県内の旅館施設、約600近くがすでに登録されています。対象となる施設はビジネスホテルを含むホテル(ラブホテルを除く)、旅館、ペンション、ロッジ、キャンプ場など非常に幅広い宿泊施設が登録されています。

期間や対象は?

キャンペーンは7月31日までの限定で、かつ先着30万人泊までとなっています。ここが少々わかりづらい点で、通常先着順といえば、予約順かと思いますが、このキャンペーンは宿泊順になっているそうです。そのため、7月下旬の宿泊を早めに予約しても、それまでに30万人到達してしまっていれば、対象外となってしまうのです。

残り何名?

ちなみに、キャンペーンサイトではリアルタイムで残り何名といった形での案内は現時点ではなく、終了見込みが立った段階で案内を掲載するとのことです。6月19日の群馬県知事の会見では7月31日までの見込みで15万人泊とのことでしたが、今後客足が増えれば、早めに埋まってしまう可能性もあるので、安く宿泊したいというのであれば、早めの宿泊が良いかもしれません。

利用回数制限

一人当たりの利用回数制限はなく、1回あたり3連泊までが上限ですが、期間中人数に到達しない限り、何度でも使用することが可能です。例えば、6月中に家族で宿泊し、今度7月には友達と宿泊ということもできるのです。

利用方法は?

利用方法は簡単で、予約方法、料金プランなどの制限は原則内とのことです。楽天トラベルで予約しても、旅行代理店経由でも、旅館へ直接予約しても群馬県民であれば適用になるそうです。申し込みは宿泊の時に、申請用紙へ氏名、住所を記入し、身分証明証を提示すればキャッシュバックを受けられます。

対象となるのは住民票のある群馬県民のみとなっていて、群馬県出身や群馬県内の会社や大学に通っていても、住民票がない場合は対象となりません。なお、グループで宿泊の場合も、県民分のみ割引になるそうです。

ココに注意

基本的にはプランや予約方法では制限がないものの、一部適用にならないプランや予約方法もあるようですので、念のため宿へ直接確認したほうが良いかもしれません。

その他注意点

その他、かなりシンプルなキャンペーンにはなっていますが、30万人泊のカウント方法、締め切り、家族で宿泊する場合の子供の料金の扱いについてなど、若干わかりにくい部分もあります。Q&Aを確認し、それでもわからない場合は、直接問い合わせしたほうが良いかもしれません。

自粛ムードも徐々に緩和されてきましたが、それでも観光業界や飲食業界への影響は大きく、苦しい状況が続いているようです。まだまだ注意が必要ですが、せっかくのキャンペーンなのでしっかり対策をして、経済に貢献できればいいですね。

-旅行

Copyright© まがったミニマリストのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.