モロッコ 旅行

高速鉄道 LGV(通称 Al Boraq)が開通!モロッコ国内の移動がますます便利に

投稿日:

こんにちは。海外へ旅行に行く際、旅行先での移動手段は気になりますよね。ツアーなどであればツアー会社が一括して手配してくれるので気にすることはありませんが、個人旅行となればすべて自分で手配しなければいけません。ということで、この記事では2018年12月に開通したばかりの高速鉄道、LGV(通称Al Boraq)について詳しく解説していきます!

モロッコ高速鉄道 LGV(通称 Al Boraq)が開通

2018年12月、アフリカ大陸としては初となる高速鉄道がアフリカ西北部の国、モロッコで開通しました。暫定的に最大商業都市カサブランカから、北部の最大港湾都市タンジェ(Tanger)を結ぶもので、今まで鉄道で5時間かかっていたのが最大2時10分へと短縮されました。

これにより、モロッコ国内での主要都市間の移動が今まで以上に便利になりました。将来的にはモロッコ東部の都市、ウジダ(Oujda)、旧都フェズ(Fes)、最大の観光地マラケシュ(Marrakech)を経て西はアガディール(Agadir)まで結ぶ予定となっています。全線開通すれば、モロッコ国内の移動はものすごく便利になること間違いなしです。

この記事では、暫定開通したタンジェ―カサブランカ間について紹介したいと思います。

高速鉄道(LGV)の乗り方

高速鉄道が開通したといっても、現在は非常に限られた区間でしか運航されていません。現在開通しているのは、タンジェ―ケニトラ―ラバト―カサブランカを結ぶ区間です。

時刻表

時刻表はONCFのページから確認することができます。注意点としては在来線区間を含む直通の時刻は確認できないので、在来線を併用する場合は、1.高速鉄道の区間、2.在来線の区間と分けて時刻を確認する必要があります。

高速鉄道は、モロッコ国内でも比較的時間通りに運航している交通手段ですので、安心して旅程を組むことができます。

チケットの買い方

チケットは駅の窓口で購入することができます。フランス語のほか、多くの窓口で英語も通じます。一等車と二等車があり、どちらも指定席となっています。どちらも大きな違いはありませんが、一等車のほうがいわゆる日本でいうグリーン車になっています。

-モロッコ, 旅行

Copyright© Ventzana's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.