View Suica Cardの締め日・引き落とし日は?引き落としできなかったときはどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。JR東日本を使っている方はわかると思いますが、JR東日本の発行するビュースイカカード、めちゃくちゃ便利ですよね。でも、カードをたくさん作りすぎると、締め日だったり、引き落とし日だったり管理が難しいですよね。そんな方のために、ここではビュースイカカードの支払いに関する事項をまとめて記事にしました。

ビュースイカカードの締め日・引き落とし日は?

View Suicaカードの締め日、支払い方法変更期限、引き落とし日は下記の通りです。

締め日 毎月月末
支払い方法変更期限 ご利用月の翌月14日
利用明細の送付 ご利用月の翌月20日ごろ
引き落とし日 ご利用月の翌々月4日

ちょっとわかりづらいですよね。ビューカードのサイトでも図での紹介がありますが、こちらでも図を使って解説したいと思います。また、支払いのタイミングによって利用可能額も異なってきますので、利用可能枠30万とした場合の利用可能額も解説してみました。

下記はあくまでも、利用可能枠30万、1ヵ月の利用額10万と推定した場合の表です。

多くのカードは末締め、翌月末(27日など)払いが多いのであまり気にすることはないのですが、View Cardについては末締め、翌々月4日払いとなっていますので、その間利用可能額が少なくなってしまうんですね。多めの利用枠に設定していればほとんど気にする必要はありませんが、10万、20万、30万前後で設定している場合は注意が必要です。

なお、きちんと定期的に引き落とし実績を作っていれば、利用可能枠は引き落とし後すぐに回復します。

なお、ここで紹介している支払い日はすべてJR東日本の発行するスイカカードのものになります。ANA スイカカードなどは上記とは異なる場合がありますのでご注意ください。

ビューカードの引き落とし日と引き落とし銀行

ビューカードの引き落とし日は毎月4日となっています。締め日が月末で、支払いは翌々月4日となっていて、実に借用期間が長いカードになっているのです。加えて引き落とし日が月末ではなく、4日であるため、少々注意をしないと管理が大変になってしまいます。

また、引き落とし対応銀行は多くの銀行が対応していますが、セブン銀行には対応していません。

引き落とし設定対応銀行は下記から確認できます。

引き落としができなかった!どうすればいい?

ビューカードを使っていて、誤って引き落とし口座に金額を用意しておらず引き落としができなかった場合はどうしたらよいでしょうか。

ビューカードは自動での再引き落としがないため、VIEW ALTTEからの入金、もしくは金融機関からの振り込みによる入金が必要になります。なお、引き落としができなかった場合、クレヒスへ傷がついてしまう可能性があります。可能な限り、早めに支払うとともに、引き落としができなかった場合は、一度カード会社へ相談をしましょう。相談をすることで、クレヒスへの影響を最小限にとどめることが可能です。問い合わせ先はビューカードホームページから確認してください。

まとめ

ビュースイカカードは、JR東日本が発行するカードで、Suica、クレジットカード、定期券が1枚になっている非常に便利なカードです。さらに、定期券などの購入でポイントもたまるので、東日本ユーザはぜひ作っておくとよいでしょう。オートチャージなども設定すれば、改札もスムーズに通ることが可能です。

締日や引き落とし日は通常のクレジットカードと少し異なりますので注意が必要ですが、非常にメリットの多いカードですので是非一枚作っておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す