国内ニュース 国際関係

東京オリンピックについて思うこと

更新日:

こんにちは、あんまブログ更新してないですね。うん。ところで、2020年のオリンピック開催地が東京都に決定しました。被災地のことや、日本経済のこと、汚染水など様々な問題を抱えている中での決定で、日本国内でも賛否両論あります。自分もどちらかといえば、東京での開催には反対だったので、あまり嬉しくはないのが事実です。今、中国に留学しているのですが、何人かの中国人に「2020年東京決定おめでとう」などと言われますが、「えっ、あっ、うん、ありがとう」という感じです。まぁ決定してしまった以上、日本全体を挙げてオリンピックを成功させ、それを日本経済の起爆剤にできればいいなとは思います。

今回、記事を書こうと思った理由は、東京オリンピックに反対の理由でも、賛成の理由でもありません。第三の理由からです。近年、関係の悪化しているお隣韓国では、東京オリンピックをボイコットしようという動きがあるようです。また、日本でも、東京オリンピック開催が決まったあと、待っていたかのように嫌韓デモを再開するなどの動きがあります。

オリンピック開催の目的はなんなのでしょうか?経済効果でしょうか?政治的メッセージ発信の手段でしょうか?

本来、オリンピックは平和の象徴であったはずです。なぜ、日本、韓国、中国、その他の国々でオリンピックという平和の聖典であるはずのイベントが政治目的に使われなければならないのでしょうか。

今回、オリンピック開催が東京に決まったことで、日本の一部の過激派はオリンピックを利用し、韓国や中国を避難しています。それ以外にも、最近では日本での韓国人や中国人をターゲットにしたヘイトスピーチやデモが多く開催されています。そのような国、日本でオリンピックを開催して良いのでしょうか?オリンピックを政治目的に利用して良いのでしょうか?

答えは、否です。いや、むしろオリンピックを開催するホスト国はそのような活動を積極的に阻止するべきです。オリンピックを機に近隣諸国との関係を改善し、日本国内のヘイトスピーチを徹底的に取り締まる必要があります。平和の聖典であるオリンピックを政治目的に利用してはいけません。2008年の北京オリンピックの際も様々な問題がありました。オリンピック開催地は経済力だけではなく、そこで開催することによって平和をもたらすのか、もしくはオリンピックが政治に利用されるのかを総合的に判断した上で、決めるべきです。もしくは、オリンピック開催が決まった国は、平和を実現するために何らかのアクションを起こす必要があります。そのような義務を課すべきではないでしょうか。

最後に、繰り返しになりますが、オリンピックを政治目的に利用してはいけません。むしろ、平和の実現のために利用すべきです。

-国内ニュース, 国際関係
-, ,

Copyright© Ventzana's blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.