イタリア 旅行

【北イタリア】マッターホルンの麓町チェルビニア(Cervinia)への行き方

投稿日:

マッターホルンといえば、スイスのツェルマットが有名ですが、実はイタリア側のチェルヴィニアからの眺めも美しいのです。優雅なマッターホルン(イタリア側からはモンテチェルビーノ)をいただくチェルビニア(Cervinia)はイタリア屈指の避暑地としても人気があり、夏場にはイタリア他ヨーロッパ各国から観光客がやってきます。また冬にはスキー場としてもにぎわっています。

今回は、そんなマッターホルンの麓町、チェルビニアへのアクセス方法を詳しく説明していきます。

ちなみに、チェルビニアの詳細については別記事で紹介していますので合わせて確認してみてください。

ヨーロッパアルプス チェルビニア マッターホルン
【夏のヨーロッパアルプス】マッターホルン山麓の街チェルビニアはトレッキング・ハイキングにお勧め

こんにちは。ヨーロッパアルプスといえばマッターホルンのスイスやモンブランのフランスなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はイタリアもヨーロッパアルプスの一角を担っており、お勧めの地域となっています ...

続きを見る

チェルビニア(Cervinia)へのアクセス

チェルビニアは北イタリアのアオスタ(ヴァレダオスタ)に位置する小さな町です。アクセス方法はイタリアからはミラノ、トリノから高速バスが出ていて、高速バスでのアクセスがおすすめです。

フランスからアクセスする場合、モンブランの麓町、シャモニー(Chamonix)からバスを乗り継いでいくことができます。

レンタカーなどを使っていく場合、最寄りのシャティオン(Chatillon)で高速を降り、1時間ほどで到着できます。

イタリアミラノからのアクセス

イタリアミラノからは高速バスが出ています。ミラノからは3時間ほどなので、ラーゴブルーで逆さマッターホルンを見るだけであれば、ミラノからの日帰りも不可能ではありません。そうはいっても、3時間もかけていくのですから、時間があれば軽くハイキングやトレッキング、チェルヴィニアを観光していくことをお勧めします。

ミラノからは高速バス乗り場からsavda社の運行しているバスが出ています。

チケットはプリントする必要はなく、バーコードを読み取れるようにしておけば問題ありません。

大人1人片道18.4ユーロ(2019年9月時点)で行くことができ、安くて楽なのでバスで行くことをお勧めします。

ミラノーチェルビニア時刻表

ミラノーチェルビニア時刻表

チェルビニアーミラノ時刻表

チェルビニアーミラノ時刻表

高速バス乗り場の最寄り駅は地下鉄Lampugnano(ミラノ中央駅から2.5ユーロ)です。駅を出てすぐバスターミナルになっているので、迷うことはないでしょう。

ミラノ高速バス乗り場

ミラノ高速バス乗り場

電光掲示板にバスの案内がありますが、チェルビニア行きのバスは地下鉄駅から出て左へ行った一番奥が乗り場になります。A1乗り場がChatillon行きのバス乗り場です。

ミラノ高速バス乗り場

ミラノ高速バス乗り場

2時間ほどでシャティオン(Chatillon)へ到着します。チケットはチェルビニアまで通しで購入できますが、シャティオンからは路線バスでのアクセスになります。

Chatillonバス乗り場

Chatillonバス乗り場

ここまでくると、だいぶ田舎になります。Chatillonのバス乗り場の周りには何もなく、小さな売店が一つあるだけです。

チェルビニア路線バス

チェルビニア路線バス

シャティオンからチェルビニアまでは503の路線バスでのアクセスになる。

イタリアトリノからのアクセス

イタリアトリノからもミラノからと同様、バスでのアクセスとなりシャティオン(Chatillon)での乗り換えになります。バスの運行会社も同じで、チケットはこちらから購入することができます。電車でもアクセス可能ですが、途中乗り換えがあるので乗り換えが楽なバスをお勧めします。

トリノからも1日3本、片道3時間弱でのアクセスです。

チケットはプリントする必要はありません。バスの運転手にバーコードを見せることができるようにしておけばOKです。

トリノーチェルビニア時刻表

トリノーチェルビニア時刻表

チェルビニアートリノ時刻表

チェルビニアートリノ時刻表

電車でアクセスする場合、トリノからChatillon saint Vincent駅まで行き、Chatillon saint Vincent駅からChatillonバス乗り場へ行き、路線バスでアクセスになります。

フランス・スイスからのアクセス

チェルビニアはスイスのツェルマットと面している国境の街です。そのため、ツェルマットから簡単に行けるのではと思いがちですが、実際には間にヨーロッパアルプスがそびえたっているため行き来は簡単ではありません。

ツェルマットからゴンドラを乗り継いでいくこともできますが、基本的にはスキー客のみを対象としており、一般客は国境付近までしか行くことができません。そのため、スイスからチェルビニアへ行く場合は、ジュネーブなどから高速バスで、アオスタまで行き、路線バスを乗り継いでいくことになります。

フランス・スイスからアクセスする場合、FlixBusを使ってアオスタまで行き、アオスタからsavdaの運行する路線バスでシャティオン(Chatillon)まで行き、そこからさらに路線バスでチェルビニアへ行くという流れになります。

アオスタからシャティオンまでは2.9ユーロ、シャティオンからチェルビニアまでは2.9ユーロです。路線バスのため、いずれも事前予約などは必要ありません。

-イタリア, 旅行

Copyright© Ventzana's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.