望遠レンズを売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

f1.8の単焦点レンズを購入し、レンズがキットレンズ2本と合わせ本になったアメンボですが、望遠レンズをほとんど使う機会がなかったので早くもオークションで売りさばいてしまいました。キットレンズの望遠ズームレンズ(SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS)、35mm換算で80mm~300mm超までの範囲をカバーし、自分の歴代カメラ(コンデジ含む<笑>)の中では最も倍率の高いレンズでした。しかし、元々望遠域であまり撮影をしない自分は買ってから1ヶ月ないで利用が0回(まぁ1ヶ月ではこんなものかもしれませんが。。)。

ということで、売ってしまいました。最後に満月を撮影して。。。

望遠レンズが欲しかった理由の一つは月を撮影したかったからです。というか、それが唯一の理由でした(爆笑)。ところが300mm相当ではあまり月は大きく撮影できないのですね。。確かにコンパクトデジカメなどよりは綺麗に映るのですが、なかなか難しいのです。f値、フォーカス、ISO感度など。。月を撮影するために(?)手に入れたのに、思っていたほど月は大きく映らないし、撮影はうまくいかないし。。。

た・だ・、買って1ヶ月弱ということは、まだ一度も満月を撮影していなかったんですよ。そこで、どうせ売るのなら、満月を撮ってからにしようということで、少し延期しました。そしてスーパームーンの日、色々撮影設定に四苦八苦しながら撮影したのが下の写真です。

full-moon

どうです?結構綺麗に撮れてるでしょ?ちなみにマニュアルモードで撮影し、RAWで記録し、現像時に若干手を加え、トリミングしています。ちなみに、手を加えずに、ホワイトバランスだけいじった写真が下です。

DSC011152007166,3210150928

SEL55210 (210mm,  f6.3,  1/200 sec, ISO100)

三日月や半月はなかなか綺麗に取れなかったのですが、満月は意外と簡単に綺麗に撮影できました。f値は色々弄りましたが、あまり写りに変化はなかったです。ISOは最低に設定し、露出も低めで撮影しました。満月は意外と明るいのです。AFでも焦点が合いました。自分は撮影に三脚を利用しましたが、おそらく満月であれば三脚なしでも撮影できるのではないでしょうか。

で、最後になるのでどうせだから標準レンズとの比較もしてもみようと思い、単焦点レンズでも撮ってみました。下が比較写真です。

moon

単焦点レンズでも結構?綺麗に撮れてます。。。っが、小さすぎます。上の写真、50mm相当レンズのサイズは等倍です。300mm相当レンズのサイズは縮小しています。また、50mmの方はRAW現像時にかなり手を加え、ノイズ除去、シャープネスをかけるなどしています。それでここまでです(まぁ解像度の高いフルサイズカメラなどであればこれも違うのでしょうkが。。)。

ということで、オークションで売ってしまうまでになんとか理想的(?)な月の写真が撮れて満足です。こんな写真が撮れるのなら、、売らなければ良かったと少し後悔していますが、もう遅いです。既に落札されてしまいましたから(苦笑)。。。

でも、実際ほとんど望遠レンズは使う機会がないので、売ってしまって良かったと思います。もうすこしカメラの腕を磨いて、望遠レンズが欲しくなったときはマイクロフォーサーズのカメラと一緒に購入することにします。フォーサーズであれば、200mmレンズで400mm相当の写真が撮れますから。ということで、しばらくは望遠レンズとはお別れです(涙)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す