インターネット ブログ運営

無料 V.S. 有料、どっちがいい?ワードプレスのテンプレート

更新日:

こんにちは。最近はめちゃくちゃWordPressを勧めるインフルエンサーやブロガーの影響もありWordPressがめちゃくちゃ広がってますよね。WordPressのいいところは情報が豊富なところ、そしてテンプレートが豊富に用意されているので知識がなくても簡単にデザインを変えることができるところです。そんなワードプレスのテンプレート、多くのブロガーは「有料テンプレート」を使うことを勧めていますが実際のところはどうなのでしょう?6年間WordPressを使ってきた私が、徹底的に分析してみました。

WordPressのテンプレートは有料のほうが優れている?

WordPressのテンプレートは有料のほうが優れていると聞きますが、結論から言ってしまうと最近は無料でも有料と遜色ないテーマも存在するため、どちらを選んでも問題ありません。有料だから特別優れているということはなく、高い費用を払っても事前に試すことができないため、購入後後悔するというケースもあります。無料のテンプレートであればテーマを使うか決める前に、実際にインストールして試すことができます。したがって、そこまで有料にこだわる必要はありません。

私がWordPressを使い始めた6年前は確かに有料のテンプレートのほうが優れていました。しかし、徐々に無料で非常に優れたテンプレートも登場し、今では数は少ないものの無料でも有料に勝るぐらいのテンプレートも存在します。もちろん、このブログで使っているテンプレート(Xeory Base)も無料です。

ポイント

  • 有料テーマは高い(海外ので50ドル~、国内版で10,000円~)
  • 有料テーマは購入するまでインストールして試すことができない
  • 無料テーマは事前にいろいろ確認することができる
  • サポートは有料のほうがしっかりしている
  • 機能は有料のほうが多い

それでは詳しく見ていきましょう。

無料WordPressテーマ

メリット デメリット
  • 無料
  • 事前チェック可能
  • 機能が少ない
  • 必要な機能はそろっている
  • サポートがない
  • 機能が少ない
  • 優れたテーマは少ない

メリット

無料テンプレートはなんといっても費用が掛からないのがいいですね。それから、テーマを事前にインストールして実際に触ることができるので、プラグインとの互換性や自分の使う機能・使わない機能の確認をすることができます。また、機能が少ないというのはメリットでもあります。WordPressの一番のメリットはテンプレートをインストールすることで簡単にデザインを変更できるところです。テンプレート独自の機能がたくさんついていると、将来的にデザインを変更したくなった際に、それぞれの記事も編集する必要が出てきて作業が大変になります。しかし、WordPress標準の機能ぐらいしか使っていない無料のテーマであれば、各記事のことを気にすることなくテーマを変更することができます。

また、機能が少ないとは言え、必要最低限の機能はそろっています。最近ではAMP(モバイルへ最適化されたページ)対応の無料テンプレートも出てきていますので、SEOを考える上でも、無料でも十分なのです。

デメリット

反対にデメリットとしてはサポートがない点があげられます。特に、HTMLやCSS、サーバの知識がない初心者でサポートがないと心細いという方は避けたほうがいいかもしれません。しかし、無料であるがためにユーザーも多く、ネット上に情報があふれているのも事実です。したがって、トラブルが発生した時は、Googleで検索すれば解決案が見つかるというケースもほとんどです。

次にデメリットとして、機能が少ないという点です。例えば、関連記事やおすすめ記事などはテンプレートでは表示できない場合が多く、プラグインを導入する必要があります。また、最近はやりの吹き出し機能や、マーカー機能もほとんどのテーマにはついていないので、これらの機能を使いたい場合は注意が必要です。

また、最近になり優れたテーマも増えてきているとは言え、やはり有料のテーマと比べると優れたテーマの数は少ない印象です。当たりはずれが大きいという意味ではデメリットかもしれません。

おすすめの無料テーマ

Cocoon

無料テーマを使うのであれば、ぜひ一度は試してほしいのがCocoonです。このテーマは無料テーマのデメリットであるサポートや機能の少なさも見事にカバーしています。

勿論、サポートに関しては有料ほどとはいかないものの、オフィシャルフォーラムを設けていて情報交換ができる体制が整っています。

また、機能に関しえは吹き出し機能・関連記事・マーカー機能など主要な機能はすべてカバーしているのでプラグインも少なくて済みます。もちろん内部SEOは完璧で、AMPにも対応しているので、迷ったらまずはこのテーマを使ってみましょう。

Xeory Base

次におすすめするのがXeory Baseです。こちらはバズ部が開発したテンプレートで、当ブログでも使っているテンプレートです。機能は最低限ですが、CTAやLPも作れる優れたテンプレートです。当ブログではCSSやプラグインを使って様々なカスタマイズを施していますが、本来は非常にシンプルなテーマですので、将来的にテンプレートを入れ替える場合も問題なくスムーズに切り替えが可能でしょう。

そのほかのおすすめテンプレートについては別記事で紹介していますので、併せて確認してみてください。

有料WordPressテーマ

メリット デメリット
  • サポートが充実
  • 独自機能が豊富
  • 優れたテーマが多い
  • 有料(高い)
  • 独自機能が豊富

メリット

有料テーマの一番のメリットといったら充実したサポート体制でしょう。日本で発売されているテンプレートは高価(約10,000円~)ですが、その分充実したサポートを提供しています。不具合などについても問合せをすれば、すぐに答えてくれますし、テーマ自体に問題がある場合は修正しアップデートしてくれます。HTMLやCSSの知識がないかたには非常に心強いですよね。

また有料テーマは独自機能が非常に豊富です。関連記事・吹き出し機能はもちろん、広告の位置であったり、目立つボタンの設置、ランキング機能や、複数のデザイン、スライドショー、端末(パソコン・スマートフォン・タブレット)ごとの表示の細かい設定など、挙げればきりがありません。デザインにこだわりたい方は有料テーマを検討したほうが良いでしょう。

そして、やはり有料であることもあり優れたテーマが多いです。つまり外れがすくないです。無料テンプレートは本当に様々あり、最低限の機能しかないものから、有料を凌ぐものもありますが、有料テンプレートはその辺が安定しているので安心です。

デメリット

デメリットとしては、高いということがあげられます。特に日本で販売されているテーマは10,000円以上のものが多く、さらに有料プラグインなどで20,000円を超すものも少なくありません。サポート体制がしっかりしているというのはメリットですが、単にテンプレートだけ欲しいという方にはちょっと高いかもしれません。

海外のテンプレートだと50ドル前後から手に入るので、サポート体制を気にしないのであれば海外のテンプレートも候補に入れてみましょう。

そして、独自機能が豊富なのはデメリットにもなります。多くの場合、独自機能はショートコードなどを使って実現するのですが、テンプレートが変わればそれらのショートコードは使えなくなります。将来的にデザインを一新したいと思い、テンプレートの入れ替えを行った場合、すべての記事のショートコードを編集しなおす必要が出てくるのです。

おすすめの有料テーマ

SANGO

SANGOはGoogleも推奨しているマテリアルデザインを活かした有料テーマです。AMPには対応していませんが、読み込み速度も非常に早く、かつ機能も充実していて初心者におすすめのテンプレートです。カスタマイズの仕方によってはとても個性のあるブログも作ることが可能です。

特にモバイルサイトでのみやすさは断トツなので、モバイルを意識したサイトであればぜひ導入してみましょう。

Affinger

Affingerは私が別のサイトで導入したテンプレートです。AMPにも対応していて、機能が非常に多いので中級者以上、もしくは長期利用を考えたブロガーにおすすめのテンプレートです。機能が多すぎるので、すべて使いこなすまでには少し時間がかかりますが、その分、長く付き合うことのできるテンプレートになっています。

通常デザインでのモバイルページの読み込み速度が速くないので、Affingerを使うのであればぜひAMPとセットで活用しましょう。

まとめ

いかがでしたか。私自身、6年WordPressを使ってきて感じるのは、有料でも、無料でもテンプレートの性能には遜色ないというところです。WordPressの歴史も長くなってきたため、現在では有料・無料ともに非常に多くのテンプレートが存在しています。

その中で、いかに自分に合ったテンプレートに出会えるかのほうが重要です。それが有料であれ、無料であれご自身にあったテンプレートに出会うことができれば、長く使い続けることができるでしょう。当サイトで使っているXeory Themeは約4年ほど使っていますが、非常に満足しているテーマです。

ブロガーを目指していて、有料テーマを購入することで自分を追い込むことができるのであれば有料テーマは良いかもしれません。しかし、収入を上げることができていないのに、有料に手を出すのは、、と躊躇しているのであれば、気にせず無料で突き進みましょう。

決して有料のほうが優れているということはありません。ブロガーを目指すと決めたのであれば、ゆっくり自分に合ったテンプレートを探すか、自分好みのを作り上げるぐらいの勢いでいるのが良いでしょう。

-インターネット, ブログ運営
-

Copyright© Ventzana's blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.