モロッコ 旅行

【モロッコ旅行】市内の移動方法・タクシーの乗り方と注意点

投稿日:

この記事はモロッコへ旅行を考えているけれど、観光地までの移動はどうしたらいいの?時になっている方へお勧めの記事になっています。

こんにちは。最近では徐々に日本でもモロッコ人気が出てきていますね。とはいえ、日本から遠く離れたモロッコの情報はなかなか日本へ入ってきません。旅行へ行ったらいいものの、ホテルから観光地までどうやって移動したらいいの?移動にはいくらかかるの?時になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではモロッコ国内での移動手段、おもに市内での移動手段について詳しく説明していきます。

都市間の長距離移動については別記事で紹介していますので合わせて確認してみてください。

【保存版】モロッコ国内の移動手段―バス・電車・タクシー

この記事はモロッコへ旅行を考えているけれど、都市間の移動はどのような手段があるのか気になっているという人にお勧めの記事になっています。 こんにちは。青の街シャウエンやサハラ砂漠で有名なアフリカ西北部の ...

続きを見る

モロッコの市内移動手段はこんな感じ

  • プチタクシー(基本は相乗り)
  • グランタクシー(市内グランタクシー)
  • 路線バス
  • トラム(ラバト・カサブランカのみ)
  • ライドシェアアプリーCareem(タンジェ・ラバト・カサブランカのみ)

モロッコ移動手段―市内編

モロッコでの移動手段は大きく分けて長距離移動と、市内移動とに分けることができます。長距離と市内での移動とでは手段が違いますので細かく説明していきます。

ラバトやカサブランカなど発展した都市では、市内移動にトラムが発達しており、非常に便利でかつ安く移動することができます。しかし、その他の都市では基本的にプチタクシーや路線バスがメインとなります。

それぞれ、日本とはまた違った乗り方で注意点が必要ですので、ここで細かく説明していきます。

Tram(Rabat、Casablancaのみ)

ラバト、カサブランカのみですが、トラムという路面電車が走っています。距離に関係なく1回6DHで乗ることができるので、非常に便利な移動手段です。乗り方は難しくはないですが、ラバトとカサブランカで少々異なる点があるので説明していきます。

ラバトのトラム

ラバトではトラムが2線走っています。チケットは自動販売機、もしくはチケット販売員から購入します。

こちらは1回6DHで、乗り換えた場合も有効です。注意点はチケットを購入し、乗車したときに車内にあるチケット読み取り機に挿入する必要がある点です。これを忘れて見つかると、罰金を取られてしまいますので注意してください。

カサブランカのトラム

カサブランカは現在2線走っていますが、2022年までにさらに2線開通予定として現在計画が進められています。

カサブランカのトラムはラバトと異なり、日本の地下鉄などのように改札がありますので罰金を取られる心配はありません。

こちらのトラムは6DHですが、チャージ式チケットとなっており、チケット代として初回のみ2DHかかります。その後は乗車のたびにチャージして使うことができますので、乗車後もチケットは捨てずに残しておきましょう。

Petit Taxi(プチタクシー)

モロッコで市内移動する場合、最も便利なのがタクシーです。タクシーは2種類あり、市内移動で使うのは主にプチタクシーです。

プチタクシーは基本的に相乗りで、最大3人まで乗ることができます。費用は都市によってタリフが決まっていますが、おおよそ1Kmで5DH前後が相場となります。都市によりメーター制のところ、固定料金のところとあります。

その中でも、カサブランカ、マラケシュ、フェズの3都市は観光客が多いということもあり、普通に駅前などでタクシーを捕まえると、ぼったくりタクシーに乗ってしまうということが多いですので注意してください。

カサブランカ、マラケシュ、フェズは基本的にメーター制ではあるのですが、駅前や外国人だと通常料金の100倍近い料金でぼったくられる可能性があるので注意してください。

Bus(路線バス)

市内移動でバスは便利ではあるのですが、スリに合いやすいため使う場合は十分注意してください。路線によって価格は違いますが、大体3DHから5DHで乗ることができます。

モロッコの路線バスは時間通りには運航していない場合がほとんどなので、路線バスを使う場合は時間に余裕がある場合のみにしたほうが良いでしょう。

チケットはバスに乗った際に、購入します。運転手へ人数を伝えチケットを購入します。基本的に紙幣は使えないので、細かい小銭は用意しておいてください。

カサブランカ、マラケシュであればGoogle Mapを使って路線検索をすることができます。目的地を入力し、最寄りのバス停からバスへ乗りましょう。前述したとおり、バスの運行は時間が非常に不安定ですので、注意してください。

Grand Taxi(市内グランタクシー)

グランタクシーは基本的に都市間移動に使われますが、タンジェやカサブランカ、ラバトなどの大都市では決まった路線で走っているグランタクシーがあります。こちらは固定料金制です。ただ路線図はないですし、乗り場がわかりづらいですので、観光客が使うということはまずないでしょう。

配車アプリーCareem(Tanger、Rabat、Casablancaのみ)

タンジェ、ラバト、カサブランカであればUberのような配車アプリ、Careemを使うことができます。Careemについては別記事で紹介していますので合わせて確認してみてください。

特に外国人対象にぼったくりの多いカサブランカではCareemを使うと快適に移動ができるのでお勧めです。タクシーよりも快適ですし、料金も良心的で交渉の必要がないのでお勧めです。

モロッコ 配車アプリ
モロッコでUberは使える?中東版配車アプリCareemの使い方

この記事はモロッコへの旅行を考えているけれど、モロッコで移動手段としてUberのようなサービスはあるのか気になっている方へお勧めの記事になっています。 こんにちは。日本でも徐々に浸透してきている配車ア ...

続きを見る

-モロッコ, 旅行

Copyright© Ventzana's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.