モロッコ 旅行

【保存版】モロッコ国内の移動手段―バス・電車・タクシー

更新日:

こんばんは。モロッコへの旅行でツアーなどを利用しない場合、気になるのが交通手段ではないでしょうか。特にあまり情報のないモロッコとなると、心配ですよね。ということでここでは、モロッコ国内での主要移動手段とそれぞれの乗り方を紹介します。

なお、ここで紹介するのは都市間移動にかかわるものです。

モロッコ国内の主要移動手段

モロッコ国内の移動手段は2018年12月にLGV(高速鉄道)が開通したこともあり、主要都市間の移動は非常にスムーズになりました。2019年現在、モロッコ国内で都市間を移動するには、

  • 飛行機(国内線)
  • 電車
  • LGV(高速鉄道)
  • CTM(バス)
  • Spouratoul(ONCFの運営しているバス)
  • Grande Taxi(グランドタクシー)

があります。それぞれ行ける場所や、使い方など異なるため詳しく説明していきます。

主要移動手段の詳細と乗り方

飛行機(国内線)

モロッコは国土が非常に広いため、短期間で主要観光地を巡るためには選択肢の一つとして考えておきたいのが国内線です。特に北部の観光地シャウエンから、砂漠まで短期間で観光するとなると、移動時間をいかに短縮するかが重要になってくるので、考慮に入れておきましょう。

電車&高速鉄道(LGV)

沿岸部の都市であればほぼ電車が開通しています。北はタンジェ(Tanger)から、南はマラケシュ(Marrakech)までであれば鉄道で移動することもできます。

2018年12月には北の物流玄関であるTangerから最大都市カサブランカを結ぶLGV(高速鉄道)が開通しました。これにより、今まで5時間かかっていた移動が、2時間と今までの半分以下の時間で移動できるようになりました。

また、今までの電車は時刻表通り動きませんでしたが、LGVは比較的時刻表通りに運航しているので(遅れは10~20分)接続で待たされたり、時間通り移動できずスケジュールを変更するということも少なくなります。

LGV(高速鉄道)の乗り方

LGVに乗るには事前にチケットを購入する必要があります。まだ開通したばかりのため、当日でも十分席は確保することができますが、バカンス中などは早めに購入しておくとよいでしょう。

チケットの購入はオンラインからもすることができます。

購入する際は、名前とクレジットカードがあれば購入できるので事前に日程が決まっているのであれば購入しておくとよいでしょう。

鉄道(電車)の乗り方

今まで通りの電車も走っていますが、LGVの開通のより本数を大幅に減らして運航しているためタンジェ―カサブランカ間の移動であれば、LGVを選んだほうが良いでしょう。LGVの開通で、鉄道のほうも比較的時間通り運航するようになりましたが、それでも遅れが出やすい鉄道ではあるので注意が必要です。

なお、カサブランカから西(エルジャディーダ)や南(マラケシュ)へ行く場合はこれまで通り通常の列車を使うことになります。

チケットは、LGV同様オンラインで購入することができます。

注意点

鉄道を使う際の注意点ですが、二等車、一等車と別れています。二等車については席の指定がないため、最悪座れないこともあるので、席を確保したい場合は一等車のチケットを購入するようにしましょう。

また比較的遅れが生じやすい交通機関のため、時間には余裕を持ち、万が一1日つぶれても、「これも旅の楽しみ」ぐらいにとらえられる心構えでないと厳しいかもしれません。

なお、基本的には車内放送がありますが、一部老朽化した列車では車内放送が流れないため、降車駅については周りの人へ聞くか、GPS付きの携帯などで確認するよう注意しましょう。

CTM(国営バス)

列車に並んで、メインの移動手段となっているのが国営高速バス、CTMです。非常に多くの都市間を走っており、また本数も多いため鉄道の走っていない地域へ行く場合はとても重宝します。

Spouratoul(ONCFの運営しているバス)

鉄道を運営しているONCFが運営しているバスです。鉄道の走っていない地域をカバーするために運航されていて、鉄道の終着駅から先へ行く場合はこれを使って移動します。

Grand Taxi(グランドタクシー)

Grand Taxiはモロッコでは非常にメジャーな移動手段で、都市間移動ではバスに次いでグランドタクシーが使われています。

街中に必ずといっていいほど存在するGrand Taxi乗り場へ行き、行き先を伝えれば乗ることができます。出発時間は決まっておらず、定員(6人)に達した時点で随時出発します。そのため、運よく乗り合わせの人がいればすぐに出発できますが、なかなか人数が集まらない場合、しばらく待つことになります。

注意点としてはあまり長距離の移動はできないため、長距離移動する場合は乗り継ぎが必要になる点です。また、グランドタクシーの車種も新型と旧型があり、新型であれば一人一席確保できますが、旧型の場合、二人一席で乗らなければいけないためだいぶ窮屈です。最近ではだいぶ新型が普及してきましたが、それでも地方都市などへ行くと旧型がメインの場合があるのでその場合はあきらめましょう。

なお、ポイントとして人数分の代金を支払えば、定員に達しなくても出発してくれます。そのため、急ぎであったり、旧型で乗り合いが嫌な場合、もしくはグループで旅行しているときなどは割り勘して人数分払うことで快適に旅行することができます。

 

-モロッコ, 旅行

Copyright© Ventzana's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.