ミニマリストにおすすめ!SoftBankのプリペイドSIM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この間の日曜日、ソフトバンクショップへ出向いてプリペイドSIMを契約してきました。ミニマリスト、もしくは脱デジタルライフを送るための一歩として非常におすすめのSIMなので内容や契約の仕方などを紹介します。

SoftBankプリペイドSIMとは?

最近ではすっかりなくなってしまったプリペイド型携帯。現在唯一残っているのがSoftBankのシンプルスタイルプランです。こちらはプリペイドプランで、携帯電話とセットで契約するほか、端末を持ち込めばSIMカードのみの契約も可能という優れものです。

今回SoftBankのプリペイド白SIMを手に入れることで、手元にあるSIMカードの種類は6種類になもなり、密かにSIMカードコレクションをしていたりするのだ(秘密)。後で写真載せます。持っているのは、ソフトバンクの銀SIM、iPhone用黒microSIM、プリペイド用白SIM、ドコモのFOMA-SIM、中国電信のSIM、あとは韓国SK-Telecom(だったかな?)のSIMである。

さて、SIMカード自慢はこのぐらいにして、この間の日曜に契約してきたプリペイドSIMの話をしよう。

日本国内でSIMカードのみをプリペイドで契約できるのは、ソフトバンクとb-mobileぐらいしかない。その中でも通話のみで、データ通信を行わないものはソフトバンクのSIMのみである。契約した経緯はというと、某友人が半年後に海外へ留学へいくのでそれまでのあいだのつなぎとしてである。現在SoftBankの改悪ホワイトプランでは2年ごとに解約月がふた月有り、それ以外の月であれば2年以上契約していたとしても解約手数料9800円程度取られるのである。そのため、今解約しなければあと2年後、もしくは解約違約金を払って解約するしかないのである。そのため、今解約しておき、留学までの半年はプリペイドSIMで我慢するのである。

契約に必要なのは、プリペイドSIMを使用するSoftBank3G携帯、身分証明書、あとはチャージする分のお金のみである。しかし、契約できるソフトバンクショップとそうでないショップとあるので、事前に電話などで確認しておくと良いだろう。契約に関して詳しいことは、ウェブサイトの方に後で書くこととする。

さて、プリペイドSIMを契約するため大分前に使っていたSoftBank3Gケータイを取り出してきて、ショップへ向かった。いざ契約しようとケータイを渡すと、店員が電池ブタを外し、SIMの差し込み口を見ると、なんとSIMカードが刺さっているではないか!その時点でハッとしたのだが、なんと、そのケータイに刺さっているSIMは以前自分がiPhone用にカットしたSoftBankの銀SIMなのである。流石に店員の見ている前でカットされたSIMはまずいだろう。。。。ヤバイと思ったが、幸いにアダプタが邪魔をして簡単には取り出せなかった。

自分で試してみても、何か引っかかっているようで取り出せない。SIMがソフトバンクの店員に取り出せなかったのは良かったものの、ケータイ端末がなければプリペイドSIMを契約することはできない。慌てて、自分の使っているケータイからSIMを抜き出し、そのケータイでなんとか、契約することができた。

その後、自宅に戻ってきてゆっくりケータイからSIMを取り出すことに成功したのである。みなさんもショップへケータイ端末を持ち込む場合は中に何が入っているのかきちんと確認してから持っていくことにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す