物流 貿易

貿易事務はきつい?貿易事務の詳細を解説

投稿日:

こんにちは。貿易業界で4年弱貿易事務として働いていたアメンボです。貿易業界はきついと聞きますが実際はどうなのでしょうか。4年間働いていた私が徹底的に解説します。

貿易事務はきつい?

貿易事務といっても非常に幅広いですが、結論から言うときついです。海運と航空、メーカーと物流業界、輸入と輸出でも異なりますが、時期により非常にきつい時期もあります。

貿易事務、繁忙期・閑散期は?

どの業界もそうかと思いますが、貿易業務も繁忙期と閑散期があります。閑散期であれば非常に仕事も少なく、定時で帰ることもできますが、繁忙期になれば残業は必須と考えておいたほうが良いでしょう。

繁忙期・閑散期は輸出・輸入、そして貿易相手国によっても異なるのでわかりやすく表にしてみました。

輸出 輸入
繁忙期
  • 年末・年度末
  • 連休前
  • 旧正月前
  • 年始・年度初め
  • 旧正月後
  • 連休明け
閑散期
  • 年始・年度初め
  • 旧正月中
  • 年末
  • 旧正月中

輸出貿易事務

輸出貿易事務で忙しい時期は年末・年度末、そして連休前、旧正月前です。

年末・年度末

どの業界でもそうですが、年末・年度末は非常に忙しくなります。特に東南アジアを相手に貿易をしている会社は日本が休みの間、東南アジアは無休で動いていますのでその間、物流が止まらないよう、年内に輸出を終えておく必要があるのです。

また、年度末は日本側の都合ですが、決算の都合上忙しくなります。輸出貿易では本船の出航日をベースに決算を行っているところが多く、年度内に船積みをしてしまおうということで非常に忙しくなります。

反対に、年始や年度初めは反動から閑散期となります。特に年始はとてもゆっくり始まります。そのため長期休暇を取るならこの時期がおすすめです。

連休前

連休前も非常に忙しくなります。貿易業界では船積みをするために通関やコンテナへの詰め込み(バンニング)をする必要があり、連休前はその締め切りが重なるため忙しくなります。特に長い連休になればなるほど、締め切りが重なるので大変です。

反対に連休明けはその反動から少し落ち着く傾向にあります。

旧正月前

そして日本の年度末と同様に東南アジアの旧正月前は海外からの要請で忙しくなることがあります。海外としては長期休みに入る前に、必要な仕事を終えておきたいという気持ちから、海外からの問い合わせ、海外からのノミネーションで動いている貨物は船積みを情報のやり取りを頻繁にする必要が出てきます。

そして、旧正月中はアジアをメインに取引しているところは非常にゆっくりになります。

輸入貿易事務

-物流, 貿易

Copyright© Ventzana's blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.