カールツァイスの単焦点(SEL24F18Z)がやっぱり美しい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

また買ってしまいました。完全にレンズ沼へはまってしまっています(笑)。ソニーのカメラを使っているからにはいつかは手に入れたいカールツァイスのレンズ、少々高かったのですが、購入してしまいました。購入したのはSEL24F18Z、定価で購入すると10万円を超える代物なのですが、中古で購入したので約半分の価格で入手することができました。

「カールツァイスレンズ」。それは、写真を趣味にしているものにとって長年あこがれの的だった。ー中略ーツァイスのレンズで撮影した立体感、実在感は伝説となっている。
SONYサイトより

カールツァイスのレンズについて

少々大げさかもしれませんが、カールツァイスのレンズはその解像力、描写力、コントラストどれをとっても非常に優れています。少なくともソニーのカメラを使っていく中では最高級のレンズといっても過言ではないでしょう。SONYのサイトではカールツァイスのレンズを使えるのはSONYだけだと宣言しています。私はにわかですので、カールツァイスがどれほどすごいかはまだまだわかりませんが、それでも写真を見れば一目ぼれしてしまう、それがカールツァイスのレンズです。

そんなカールツァイスのレンズ、SONYのカメラを使っているのなら、使わないのは非常にもったいないです。というわけで、ミラーレスとはいえソニーのカメラを使っている私はとうとうカールツァイスのレンズを購入することにしました。

部屋の中で試し撮りをしてみましたが、やはり美しいです。とはいえ屋内では限界があるので、その本当の性能を知るのは屋外で撮影をしてきてからになります。

SEL24F18Z(Sonnar T * Emm F1.8 ZA) のスペック

SEL24F18 はSONYがカールツァイス社と提携をし、SONYブランドで出しているEマウント専用単焦点レンズです。フルサイズには対応していないため、APS-C専用のレンズとなります。そのため、APS-Cミラーレスを持っているユーザーにはうれしいコンパクトサイズのレンズとなっています。

f値1.8、焦点距離24mm(35mm換算38mm)と若干広角よりではあるものの、正直使い慣れないとなかなか難しい焦点距離ではあります。自分は35mm(換算50mm)の標準単焦点を持っていたので、一つ広角よりのレンズが欲しくてSEL24f18zを購入しました。個人差もあるかとは思いますが、初めて単焦点を購入するのであれば、換算50mmぐらいのほうが良いかなと思います。特に背景ボケを望むのであれば、望遠のほうがよくボケるので、換算50mm以上をお勧めします(特にポートレートには50mm以上がおすすめ)。

SEL24F18Z(Sonnar T * Emm F1.8 ZA) の描写力

さて、そんなSEL242F18Zの描写力ですがこれは息をのむ美しさです。何枚かサンプルを載せておきます。残念ながら私の撮影技術がレンズスペックに追い付いていないため、そこまで美しくはないかもしれませんが、そこはご了承ください。。

すべて加工はしていません。撮影設定はISO640(自動)、左からf18, 1/160秒、f1.8, 1/100秒、f2, 1/400秒、f2, 1/250秒 です。

まずはその解像力に驚かされます。私の使っているカメラはα5100という機種で、風景を撮影するときは付属の標準ズームレンズ(sel16)で撮影していましたが、標準ズームレンズとは比較にならないぐらい深い解像力です。そして背景のボケ具合も美しいです。特に解放f値1.8で撮影した右から二番目の写真はこれだけでもこのレンズを買ってよかったと思える美しさです。

まだまだ自分の撮影技術がレンズスペックに追い付いていないため、もっと腕を磨き、カールツァイスのレンズを十分使いこなせるぐらいになりたいと思いました。

SEL24F18Z (Sonnar T * Emm F1.8 ZA) の欠点

さてここまでSEL24F18Zの良い面ばかり見てきましたが、欠点はあるのでしょうか。一応今後購入を検討されている方のために個人的に思った欠点を紹介したいと思います。個人的にはほとんど満足しているため欠点という欠点は見つけられなかったのですが、一つだけ手振れ補正がついていないというのは注意すべきかもしれません。

私の使っているα5100はカメラ本体に手振れ補正機能が付いておらず、レンズの手振れ補正機能があって初めて手振れ補正が機能します。そのため手振れ補正がついていないレンズだとやはりぶれやすくなってしまいます。上位機種のα6000やα6500には手振れ補正機能が本体に搭載されたため、レンズの心配は不要になりましたが、α5100など本体に手振れ補正がついていない機種をお持ちの方は購入時、少し検討したほうが良いかもしれません。

とはいえ、手振れ補正がついていなくても十分きれいな写真が撮影できるので、そこそこ写真を愛している方であれば購入して後悔はしないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す